このサイトでは、結婚式場の下見についての情報をご紹介しています。
式場探しをしているときにはどのような流れで見学をすればよいのかや見学をする前にはどのような点を確認するべきなのか、さらにはスケジュールやタイムリミットなどにも触れています。
そのほかにも見学に行く際の注意点に関しても掲載しているサイトです。
これから式場を決めるために見学したいという新郎新婦の方は、あらかじめチェックしておくと役立つはずです。

結婚式場の下見の流れ

結婚式場の下見の流れ 挙式・披露宴の希望に合う、結婚式場の候補をいくつか見つけられたという人もいるでしょう。
その後、具体的に決めていく前には下見をすることが大切です。
もし候補になっている結婚式場でブライダルフェアや相談会などが開かれているのなら、参加してみるのがおすすめです。
多くの場合、ウェブや電話で申し込みを受け付けているので、予約の上で出かけるという流れになっています。
写真で見ていても実際の会場はイメージと違うということは少なくありません。
ブライダルフェアや相談会で行われる内容は、それぞれの会場によって違うものの衣装の試着ができたり料理の試食、挙式体験ができることがあります。
日程が合わない場合には個別に電話などで申し込み、式場を見学させてもらいます。

結婚式場の選び方、候補の会場は下見が必須

結婚式場の選び方、候補の会場は下見が必須 これから結婚式を挙げる予定だけれど、どの結婚式場にしようか迷っているという方がいらっしゃるのではないでしょうか。
自分たちの希望はもちろん、参列してくださる方にも満足していただける式になるよう、会場選びはじっくり行いたいものです。
式場はウエディング雑誌やインターネットにもたくさん掲載されているので、立地や雰囲気からある程度候補を絞ることができるでしょう。
ですが実際に式を挙げる会場を選ぶのには下見が必須です。
実際に会場に足を運び、プランナーさんの話を聞いたり、自分たちの目でその式場のこだわりに触れると、より魅力的に感じる部分があったり、最初に持っていた印象と変わる部分も出てくるでしょう。
それぞれの結婚式場では厳かな式やアットホームな式など、スタイルや雰囲気が異なります。
多くの式場では度々模擬挙式のイベントが行われていて、実際の式に参列しているかたちで見学ができるのでおすすめです。
控室やその後披露宴を行う際の部屋なども案内してもらうことが出来ます。
一生の記念に残る特別な結婚式を最高の一日にするため、気になる式場には二人で下見に行くことをおすすめします。
その時間も後々二人の良い思い出になること間違いありません。

海外での結婚式場はいつ頃から始まったのか

この20年の間、海外の結婚式場で式を挙げるカップルが増えてきました。一番多いのはハワイとグアムです。南国ということもあってか、昔から海外旅行のメッカでしたので、新婚旅行と兼ねて、この地を希望されます。一生に一度ということもあり、現地のホテルで式を挙げます。予算的なこともあり、参加者はほとんどが親族だけになっています。常夏に島と結婚式とがまさにマッチしていることもあり、若者が憧れます。特にハワイに関しては物価がかなり高く、ハワイよりもグアムやサイパンを選ぶ方が多いです。他にもニュージーランドやオーストラリア、カリフォルニアなど英語圏で気温が高いとこを選ぶ傾向になっています。結婚式場と言えば、施設の管理がしっかり成されていることや、治安がいいこととなっています。それらを考慮すれば、くだんのようなところを選ぶのかもしれません。要は2人がいかにして楽しんで思い出深いものになるかです。雰囲気だけを好むことも大切ですが、二人の共通する価値観なのかもしれません。

結婚式場のブライダルフェアでは試食会も開催される

結婚式場やホテルでは、しばしばブライダルフェアが開催されます。模擬挙式なども行われることが多いですし、それを見てイメージしやすくなったという方もいます。どういった流れで結婚式が進行するのか、また披露宴ではどういった雰囲気になるのかというのが考えやすくなりますのでカップルで参加する事をお勧めします。結婚式場によって、披露宴で配膳される料理の内容や質というのも変わっています。レストランウェディングの場合は、食事がメインといっても過言ではありませんし、とにかくお料理を前面に出したいのであればレストランウェディングもお勧めです。しかし招待する人数が多かったり、式場でなければというこだわりがあるのでしたら、試食会も参加してお料理の質なども調べてみると良いでしょう。もちろんメニューに関しておこちらの要望を取り入れてもらうことが出来る可能性もありますし。試食会をする事で大体の料理内容の相場が分かることも有りますので。まずは参加です。

身体障害者の方も安心して参列できる結婚式場の条件

日常生活において不便を感じることの多い身体障害者の方は、利用する施設のバリアフリーについてしっかりと調べ、その場所を利用するにあたっての状況確認をされていることが多いものです。健常者であれば見過ごしがちな施設内のさまざまな問題点について、改めて見直すことのきっかけとなることも多くあります。結婚式場においても安心して参列することのできる環境が整っているかが重要なポイントとなるものですから、その意見を聞きながらよりよい環境を整えておくことで、さまざまな人が安心して利用することのできる結婚式場を実現することに繋がります。バリアフリーの観点から最も重要となるのが、段差の有無でしょう。車椅子を利用している方にとって、フラットなフロアとなっていることがストレスなく利用できるための最低限の条件となります。段差がある場合にはスロープで解消するなど、移動の障壁となる部分を改善することが望ましいものです。そのほかにも、車椅子のまま入ることができるトイレであったり、幅の広い通路であったりと、身体障害者の方が利用する結婚式場の改善ポイントは数多くあります。もちろんバリアフリーの考えが浸透した結婚式場は、健常者にとっても使いやすく快適なものとなることは言うまでもないでしょう。

結婚式場の着付け師の仕事内容を知っておきたい

着付け師は普段着なれていない着物の着付けをする仕事ですが、資格を取得すると結婚式場やフォトスタジオなどで活躍することが出来ます。 専門学校や短大、大学などに進学をして着付けに必要な知識や技術を学んでから、結婚式場に就職をすることでキャリアを向上させることが可能です。 着付け師に向いている人は、着物に関する知識が豊富で高いコミュニケーション能力を持っていることが条件になります。 結婚式場では花嫁や花婿は緊張していることが多いので、緊張をほぐすための接客が出来ることが大事です。 身長の高さ、体型、雰囲気などに応じた着付けをする必要があるので、経験を積んでおきましょう。 色打掛や黒ひき振袖、白無垢、紋付羽織袴などの着付けに応じた、ヘアメイクなども身に付ける必要があります。 結婚式場の仕事は大変な一面もありますが、非常にやりがいを感じることが多いです。 基本的な接客マナーを身に付けておくことで、多くの人に好印象を持ってもらえます。

グルテンフリーの食事にしてもらえる結婚式場

結婚式場を選ぶときに、アレルギーや美容のことを考えてグルテンフリーの食事を出したいという方は、対応してもらえる式場もありますので事前に確認しておきましょう。結婚式場選びでは、食事の豪華さや美味しさにばかり目が行きがちですが、小麦アレルギーの方にはグルテンが良くありませんのでそうした配慮が必要になります。 グルテンをとらない生活をしている人も最近では多いですので、結婚式場選びの際にはそうした食事の材料にも柔軟に対応してもらえるところを選ぶのが良いでしょう。グルテンフリーにするとパスタやパンが食べられないイメージがありますが、最近ではそのようなパスタやパンも出ています。 結婚式場は人生の晴れ舞台を左右する重要な要素ですので、総合的に気に入ったところを選ぶのが重要です。食べ物の好みは人それぞれですが、アレルギーなどがある人に配慮する必要がありますし、宗教や体質などにもできる限り対応したものを出すのがポイントです。

結婚式の参考サイト

大阪の結婚式場はここ!